FC2ブログ

鉄・リターンズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出張ついでシリーズ in 長崎 ①Let's go to hell tour


この日は長崎市内でのJOB。
去年の11月のこと。



路面電車に乗ると、必ずと言っていいほど乗る方向を間違えるのをそろそろやめにしたい。




うわ、雨降ってきた。
前川清の歌のフレーズがアタマを支配するまでの時間はそれほど要しない。
諸先輩方なら恐らくその次は三善英史だろうが、オレの18番は中西保志だ。




JR長崎駅に到着。
翌日は休日だから、ちょっと足を延ばすことにした。
と言うか、狙っていたw




やって来たのは諫早のバスターミナル。
ここから本日の宿がある雲仙温泉まで向かいます。




この自販機に設置されたボタンのストロークが心地良い。
可動部の高い精度と絶妙に設定されたバネレートが
この押打感を醸し出すのだろう。

昨今のタッチパネルでは再現ができないだろうな。
もっとも、する必要性は無いのだが。

しかしながら、コストパフォーマンスばかり優先されて、
五感に訴えかける機構が無くなっていくのはどうなんだろう。
そこをブレイクスルーできたら面白いんだけどね。




ぐだぐだ言ってもラチあかないので、さっさとバスに乗りましょう。
山を登るにつれ雨が激しくなってくる中、1.5時間ほどで宿に到着。




んでもって翌日。

先ずは温泉街の近くに位置する「雲仙地獄」に行ってみた。
前日からの雨は上がったものの、すんごいガスってる。




地獄っぽい演出も凝ってますね。
あ、仕込みじゃなくて、素で朽ち果ててんのかw

観光地によくある、勝手に写真撮ってよかったら買ってって的な場所だったのかな?




地獄への行進。




ここは「大叫喚地獄」といって、噴気口から聞こえてくる音が、
地獄からの叫び声や喚き声に聞こえるらしいっす!
Σ(゚∀゚ノ)ノキャー





別府の地獄とはだいぶ趣が異なりますね。




ん??




このコ、寝てるよ!www
あったかいのでキモチはわかるが、もうちょっと違う場所にしたら?w




寒かったはずなのに、歩き回ってたら汗かいてきた。




地獄を堪能したら、島原方面に向かいます。




つづく(?)





にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/29(土) 05:11:45|
  2. 乗り鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

583系、引退するってよ。


国鉄の特急車両は赤い帯のイメージが強い。
だけどコイツは青が基調。

青は男の子の色という刷り込みが蔓延している時代に育ったこともあり、
即座に好きな車両ランキングトップに躍り出た。


好きになる理由は、いつだってシンプルだ。



やがて、この車両特有の機能に惹かれるようになる。

昼行特急としての運用時は何の変哲もない(多少あるがw)座席が、
夜行の運用時には寝台になってしまうという唯一無二のキャラクター。

ブルトレとは一線を画す、長距離ランナーとしての風格と奇才を合わせ持つその存在が、
厨二病患者のハートを直撃しないワケがない。


上野駅のホームをカメラ片手に走り回っていたオレ達は、
コイツが入線すると色めき立って寄ってたかった。
ちょっとした記者会見会場並みだったなw

しかし、あれだけ撮影したにもかかわらず、当時の写真は1枚も残っていない。
ある日、機材もろとも全て処分してしまった。
それはすなわち、生きてきた軌跡を否定する行為。
バカなことをしたもんだ。


初めて乗ったのは確か「ゆうづる」だった。
あ、もしかしたら「はくつる」だったかも。
東北方面だったから、どちらかには違いないと思うw

あの小さな窓から見ていた景色が今でも目に浮かんでくる。
(ってことは、下段の席が取れなかったんだろうなw)


大阪に住んでいた親戚を訪ねた時は、関西発の九州ブルトレ群と共に
「彗星」や「明星」などで運用されていた583系を見たくて
一人で勝手に大阪駅まで行って怒られたなぁ。

そういえば「シュプール蔵王号」も利用した。
みんなで下段に集まって、遅くまでトランプしてたっけな~。
乗客がほぼスキー目的の遊び客だったからよかったものの、普通は怒られるよね。。

定期運用から外れてからも、ディズニーリゾート行きをはじめ、
様々な企画モノで活躍してたんだよね。

「Y156」や「ひたち」に乗った時のことも思い出してきたぞ・・・




583系引退?

その情報は正しくないと思う。
583系は今夜も、全ての鉄道ファンの記憶の中で走り続けているのだから。








にほんブログ村

  1. 2017/04/15(土) 20:33:21|
  2. ほぼ独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HOKKAIDO 2017 ⑩ 蒼い大地と青いオレ


母恋めしを食ってからの記憶が無いのだが、
とりあえず苫小牧に着いた。




ここから日高本線の列車での暫定的終着駅「鵡川」に向かいます。




行き先表示は「様似」になってるんだね。
バス代行運転もしてるし、当たり前と言えば当たり前か。






苫小牧を発車した列車は、製紙工場を横目に荒涼とした大地を進む。
この辺りの無機質なコンビナートも萌え要素満載だね。




ちょっと考え事している間に、もう鵡川に到着。
おいおい早えーよ!w

学生も結構多いし、地元の足として機能してるんじゃん。
インフラって、採算だけのモノサシじゃ計れないのでは?




ここからは代行バス区間、このバスは静内まで行くようです。

日高本線は初めてなので、ホントは代行バスに乗って様似まで行きたいところですが
1日潰れてしまうので今回は断念。





いわゆる「日高色」のキハ40系。
サラブレッドと日高山脈がモチーフなのかな?このデザインもまた秀逸ですね。
JR北海道って、ちょいちょい良いモノ持ってるんだけどな~。。




でも、やっぱり列車で様似まで行きたかった。
列車から海岸線を走る景色を見たかった。
もう叶わないのかな~。

だからさ~、イモムシみたいな列車とかベランダ付きの列車とかどうでもいいから、
本州のJRグループがさっさと北海道と四国を支援しろよ。





折り返しの列車で苫小牧に戻ります。
車内のポスターが物悲しい。。




あっと言う間に苫小牧に到着。
いよいよ離脱の時が近づき、あとは新千歳空港へのアクセスを残すのみ。




その前に駅前のラーメン屋さんで腹ごしらえ。
ダシが効いててすっごく美味かった!




お腹を満たしたところでエアポートに乗ります。
さようなら、蒼の大地。




新千歳空港には青いミクさまもいらっしゃいました。

以前とある業務でご一緒させていただきましたが、北海道の方々は本当に
このコンテンツを大事になさっていますね。
今やクールジャパンを代表するコンテンツだもんな。




帰りは新幹線も考えたんだけど、やっぱハードル高かった。。
なんたって函館までが遠い。
北海道はスケールが違うことを再認識。

まあ、どうせ寝ちゃうんだったらヒコウキでもいいかなって。



これが寝台特急だったら最高だったのに。

頑張ってくれ、北海道とJR。
列車ならではの粋なアプローチ方法が復活することを願ってます。





おしまい




にほんブログ村

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/11(火) 21:46:14|
  2. 乗り鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HOKKAIDO 2017 ⑨ Dive to 地球岬


札幌出張がキッカケで始まった現実逃避もいよいよ最終日。
今日は地球岬と日高本線の生き残り区間を体感しに行きます。




「わたれーる」って何だろう。
跨線橋のことなのかいな?

それってフツーじゃね?って思うんだけど、
環境を整備することで東西の交流を加速させるとか、
地元には何かしらメリットがあったんでしょうね。




駅構内にはキハ261系の試運転車両が止まってました。
ヘッドマークがLEDだったので、スーパー北斗に投入される新規車両ですかね。




この試運転車両を通常の特急と間違えてしまう方も何人かいらっしゃいました。
まあ、紛らわしいよねw




オレはというと、室蘭行きの普通列車に乗ります。




この区間は「すずらん」運用の特急車両による豪華普通列車もあるんだよね。
現代の格差社会の縮図みたいだww




室蘭駅から「道南バス」に揺られること約20分。




地球岬の最寄りバス停「地球岬団地」に到着。




ここから徒歩で向かうのですが、往きは終始上り坂、
歩道は凍ってるわ滑るわで、これまた汗だくww






汗だくで黙々と歩くこと約15分、地球岬の入口に到着!

電話ボックスが地球です。
これも昭和の遺産だねw




いま上ってきた方面を見下ろすと、こんな感じ。
つーか、どうせならここまでバス運転してくれよ。。




つるつる滑る階段を上って展望台のほうへ。
ここは灯台の入口のようですね、人んちの勝手口みたいだw




展望台に到着!
水平線が丸く見える!!
すげー!




海上は時化っぽかったので展望はイマイチだったけど、
今にも吸い込まれそうな雄大な景観でした。

つーか、風が強くてさみー!
冬以外に再訪したいですw




帰りのバスは母恋駅まで。
この駅は今年の「青春18きっぷ」のポスターにもなりましたね。

ん?
ここで「母恋めし」を調達しようとしていたオレを襲う嫌な予感。




またか。。

ここでの営業は数日先からとなっていました。。
室蘭駅で買っとくんだった。




仕方ない、室蘭に寄ってから戻るか。
どちらにしろこの列車の折り返しに乗ることだし。




売り切れる日も多いらしいけど、ありました。
すぐに折り返しの東室蘭行きに乗り込みます。





東室蘭で列車を乗換え、日高本線始発駅の苫小牧に向かいます。




いただきまーす。
って、食ってばっかりだな。。






つづく(?)






にほんブログ村

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/08(土) 00:23:07|
  2. 乗り鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ltdexp1

Author:ltdexp1
自分で動かすものから勝手に動いてくれるものまで、だいたいの乗り物が好きです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
乗り鉄 (80)
その他もろもろ (3)
ほぼ独り言 (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。